関西オープン【型の部】

2018/9/1

1536369422828

9/1(土)、第10回 関西学生空手道オープントーナメントが行われた。

【女子ジュニア】
優勝 清水 さつき(社2)
準優勝 宜保 ありさ(スポ2)
第3位 中川沙希(社1)

決勝は清水(さ) VS 宜保の同期対決となった。
剛柔流のしなやかなスーパーリンペイを演舞し、会場を優しい琉球の風に包んだ宜保。
対する清水は糸東流のスピードあるスーパーリンペイで空気を変える。
審判泣かせの僅差の判定で、結果は4-1で清水の勝利。
「来年はシニアで優勝します!という面白くない一言でお願いします。」と天真爛漫に今後の豊富を語った。

【女子シニア】
優勝 佐尾 瑠衣花 (京産大)
準優勝 住友 優里 (スポ4)
第3位 南本愛良(スポ4)

1536369348769

決勝戦、本年度の全日本個人3位の住友はウンスを演舞。安定感・スピード・キレと三拍子揃った実力は空手界の山田哲人と呼ばれる所以である。

対するは今大会で小久保(スポ1)を4-1、南本(社4)を3-2で下し決勝に駒を進めた佐尾(京産大)のチャタンヤラクーサンクー。
結果は2-3で惜敗。ここで注目すべきは、両選手形と組手を高い水準で両立している選手であるということ。このような選手が大舞台で戦う姿に感極まる観衆も多いのではないだろうか。筆者もその一人である。

【男子ジュニア】
優勝 津田 朋輝(スポ3)
準優勝 藤井 岳斗(天理大)

決勝戦、団体形のレギュラーにも抜擢され脂の乗った津田はパープーレンを演舞。長い手足から繰り出す素早い技々はリニアモーターカーのそれである。
藤井(天理大)のチャタンヤラクーサンクーを3-2で退け見事優勝を飾った。才色兼備文武両道の津田、9月末の団体形デビューが楽しみだ。

【男子シニア】
優勝 小崎 太碁 (近大)
準優勝 舟久保 絢哉 (商3)

全関西優勝の堀庭が欠場する中、
舟久保は優勝候補最筆頭であった。
まずは舟久保が今季から取り組んだパープーレンを演舞し、攻めの姿勢を見せる。
一ヶ所で若干のブレはあったものの、E難度の動きにも関わらず力強くパワフルな形を披露。形同様髪型も決まっている。
しかし小崎のスーパーリンペイに一歩及ばず0-5で小崎の勝利となり、全関西個人の借りを返される格好となった。

10年に一度の豊作と呼び声の高い今年のチーム。
9月30日(日)龍谷大学で行われる全関西団体戦ではアベックでの連覇に挑む。

※クラスの定義
シニア → 全関西個人出場者
ジュニア → 上記以外

ライター:空手部OB 新野大樹

一覧を見る

試合等スケジュール

  • クラブ紹介
  • 入部案内
  • 部員紹介
  • アルバム